肝臓をいたわるための飲み方

亜鉛が肝機能アップにいいわけ!お酒を飲む方に

肝臓をいたわるための飲み方

○ ゆっくりペースで
若いときには早いペースで飲んでも大丈夫だったかもしれませんが、年齢と共に肝臓の代謝が落ちます。ペースが早いと肝臓に負担をかけるため、1杯を30分くらいの時間で飲む方法がおすすめです。

 

 

○ 亜鉛を一緒に摂ろう
亜鉛が多い食品をおつまみに摂ると、肝臓のアルコール分解能力を上げられます。亜鉛は酵素の働きにも必要となるため、一緒に摂ることをおすすめします。豆類、ナッツ、チーズ、たんぱく質の多い食品は亜鉛が多くなっています。また、アルコールを飲む前にはこれらの食品を少し食べてからのほうが負担が減らせます。

 

 

○ お酒はほどほどに
肝臓の機能をアップさせるには、お酒を飲む回数を減らすのが一番です。亜鉛やたんぱく質を摂取して肝臓の細胞代謝を高めても、修復に追いつかなければ意味がありません。お酒は週に最低1回は休ませ、できれば2日くらいは休肝日を作ることです。

 

 

○ アルコールに弱い人ほど注意しよう
アルコールが弱い人は体内に有害物質が蓄積しやすくなります。消毒用のアルコールでかぶれた経験があるかは、元々お酒に弱い体質です。このような方は食生活だけでは肝臓をいたわることができないため、飲む量や回数も気を付けることをおすすめします。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ