豆腐を食べて肝臓機能アップ

亜鉛が肝機能アップにいいわけ!お酒を飲む方に

豆腐を食べて肝臓機能アップ

○ 豆腐はたんぱく質が豊富
肝臓はたんぱく質でできていますから、細胞の修復を促すためにたんぱく質が必要となります。豆腐には良質なたんぱく質が含まれ、消化吸収が良く、ビタミンやミネラルなども含まれており良い食品です。亜鉛の量でいえば牡蠣ですが、毎日食べるわけにはいきませんから、日頃は豆腐で代用してみましょう。

 

 

○ 豆腐なら毎日食べてもOK
豆腐なら毎日食べてもOKな食材で、食べ飽きることがありません。たんぱく質の合成を促す亜鉛も含まれており、味噌汁や冷奴・炒め物など色々なメニューに取り入れてみましょう。亜鉛は酵素の働きを高めるため、肝臓の細胞代謝を良くしてくれます。

 

 

○ サポニン
豆腐にはサポニンという大豆特有の成分が含まれています。抗酸化作用を持ち、肝臓のダメージを防ぐ働きを持っています。豆腐は脂肪分も少ないため、肝臓を疲れさせず機能を高めるためにも役立てられます。

 

 

○ ビタミンE
ビタミンEは若返りホルモンとも呼ばれ、酸化を防ぐ働きがあります。また、血流を良くする効果も期待できるため、肝臓にダメージとなる老廃物の排泄を促します。血流が良くなれば肝臓への酸素や栄養も届けられやすく、素早く機能を回復できるようになります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ